湯豆腐のようななにか

はじめに少しだけ気合を入れて。その後はだらんと。

ノラと皇女と野良猫ハート1 総評感想

ノラと皇女と野良猫ハート1 総評感想
執筆者:やーみ@suxamethonium28

※基本的に「ギャグが面白かった」の一言で終わる感想です

f:id:suxamethonium28:20180315163703j:plain

ギャグ漫画時空

 

続きを読む

恋二、甘味ヲソエテ 総評感想

 

f:id:suxamethonium28:20180302150031j:plain

頭のなかにフォロワーさんが浮かんでくる呪いを、あなたに

(上の画像は身内ネタです)

 

恋ニ、甘味ヲソエテ 総評感想
執筆者:やーみ @Suxamethonium28

 

 「かわいい」
 この作品について述べていく上で、この要素は外せないし、最初に書かれるべきであろう。宮坂姉妹は同人サークル"CANVAS GARDEN"にて活動しており、たまに商業作品においても原画をしている絵師さんである(1)。

f:id:suxamethonium28:20180302150231j:plain

かわいい(かわいい)

 

 その絵柄については実際に各クリエイターの作品を見たほうが早いのだが、個人的にはこれらは大変かわいらしい絵柄に見える。この時点でこのゲームはある種の約束された勝利でもある。ところが私の読後感は少々もやもやするものであった。これはこの作品の瑕疵ではなく、それを受容しきれなかった僕の問題であって、いわゆる「理解はするが同意はできない」状態に陥ったためである。この作品の主張するところと、僕の感性との乖離に関して述べていく。

続きを読む

Your Girl 天ノ川沙夜ちゃんをお迎えしました

 さてついに我らが天ノ川沙夜ちゃんのグッズ

「Your Girl Vol. 2 天ノ川沙夜」

をお迎えできました。

f:id:suxamethonium28:20180204232348j:plain

続きを読む

翠の海 総評感想

翠の海 総評感想
※ネタバレ・駄文注意
執筆者:やーみ @suxamethoniu28

f:id:suxamethonium28:20171231225543j:plain

この説明を見た瞬間に「この時間のズレによるトリックが!」とか思うじゃん。無いんだな、それが。

f:id:suxamethonium28:20171231225851j:plain

この説明を見た瞬間に「傘が存在しないことによるトリックが!」とか思うじゃん。無いんだな、それも。



 登場人物の漢字変換が面倒なのでカタカナで失礼します。

続きを読む

アマツツミ 総評感想

f:id:suxamethonium28:20171224234759j:plain

総評感想を書き終わった(らせた)後の僕です

拙稿は先行レビューを一切見ずに書いた純度100パーセントの僕の感想です。

(疲れていただけとも言う)

続きを読む

見上げてごらん、夜空の星を Interstellar Focus 製作決定!

 

f:id:suxamethonium28:20171219133845j:plain

発売は来年の夏頃とのこと

 見上げてごらん、夜空の星を Interstellar Focus 製作決定だそうです!

 

 告知リンク先は下の通り。PULLTOPが全年齢版作成に伴い大幅に公式サイトを変更していることに注意。

www.youtube.com

 

注意:

私やーみは、PULLTOP公式とは一切の関係がない、ただのいち天ノ川沙夜ちゃんフリークです。

よって以下の記載はあくまで公式情報の転載となります。ご注意ください。

以下上記ムービー内のスクショが登場します。

続きを読む

舞台版 Narcissu (2017)感想

舞台版 Narcissu (2017)感想
やーみ@Suxamethonium28

 舞台版ナルキッソスを拝見した。舞台脚本・演出は山添ヒロユキさん。

www.narcissu-japan.tokyo

 

事前注意

 筆者はナルキ1,2をステージなな公式サイトで無料配布されたもののみをプレイしている。断りなく原作と言う場合にはこのゲーム版ナルキ1,2を指している。

 また以下極めて批判が多いので、必要に応じ自衛してください。

 

 10年以上前に公開されたフリーゲームが、時間を超えてこの2017年の年の瀬近くにおいて舞台化された。2007年にもNarcissuの舞台化は成されていたようであるが(1)、詳細不明。場所は渋谷のシアターグリーンであって、ハコとしてのキャパシティは程々程度であろう。印象の限りで述べると一列十数個の座席が計7列程度一般観覧者に公開されていた。そしてそれらの座席は各列1個程度空いており、ほぼ満員御礼と言えよう。10年も前に公開された作品の舞台化でこれらの座席を埋めきる事ができるということは「Narucissu」という原作作品の魅力を存分にアピール出来るものであったと思う(拙稿筆者は土日の昼公園を拝聴した)。

f:id:suxamethonium28:20171204000525j:plain

案内板
続きを読む